MA (マーケティングオートメーション)

MA(マーケティングオートメーション)はアメリカで2000年代初頭から導入、普及されてきたようで日本でも、ここ数年で広まりつつあるようです。こうしたMA(マーケティングオートメーション)の導入に関して、分かりやすくご説明致しましょう。

日本では、ここ数年、消費者の購買行動が多様化しています。インターネットがその背景にあるということは否めません。そういったところから、企業はMA(マーケティングオートメーション)の導入が必至となりつつあるようです。従来は人の手でおこなっていたような営業関連もどんどん、インターネットが使われるようになっています。つまり、昔のような「御用聞き」で出向くということはなくなり、メール、ウェブ等の効率的な方法を取り入れているようです。このように、顧客管理などをソフトウエアで一括して出来るシステムがMA(マーケティングオートメーション)です。

こういったシステムを取り入れる企業は増え、それなりの効果を上げているようです。メール、ウエブサイトの顧客分析、顧客として取り込める可能性の高い見込み客を見つける機能、商談成立の見込みを高める活動、キャンペーン管理、レポート作成等を一つのソフトウエアに統合することで、営業活動の効率化を図っているようです。

当サイトはこのようなMA(マーケティングオートメーション)の導入に関する情報を分かりやすくご説明致します。MA(マーケティングオートメーション)の効果、MA(マーケティングオートメーション)の夢と現実について、お届け致しますので、こういったことを踏まえながらMAについて考えてみましょう。