MAの効果

MA(マーケティングオートメーション)導入の効果について、ご紹介いたします。

MA(マーケティングオートメーション)導入によって、商談の成立が増えているという効果があるそうです。最も効果のあった企業では約4.5倍も商談が増えたそうです。それも見込客に何かしらのアプローチを試みた場合はさらに商談は増えるようです。また、そういった見込み客は企業にとって、資産としてツールで保管できます。このように見込み客情報を取り込めるのもMA(マーケティングオートメーション)の効果でしょう。そして、何より営業の効率がアップするのがMA(マーケティングオートメーション)の大きな効果でしょう。今までのように、出向いて行くのではなく、インターネットという手段で顧客とのコミュニケーションが取れるのですから、時間のロスがなくなることは確かでしょう。ツールを使う事で少しでも多く、見込み客を取り込み、顧客にできるのです。

こうした効果をうまく利用すれば、効率よく、見込み客を顧客化できる可能性があります。MA(マーケティングオートメーション)の導入によって、企業には新しい風が吹き、営業活動はよりやりやすくなるでしょう。やはり、今はコンピューターの時代なのでしょう。MA(マーケティングオートメーション)の導入の広がりが期待できます。

 

夢と現実

MA(マーケティングオートメーション)はマーケティングを自動化してくれる噂のツールとも言われているそうです。そんなことを聞くと黙っていても、何もしなくても自動的に儲かるというようなイメージを持たれそうですが、それは夢の話です。現実はそんなに甘くないですし、、楽ではありません。

たとえば、顧客を獲得するにも工夫が必要です。興味を引くような記事等を考えなければいけません。それに、顧客情報はそのままでは入ってきませんから、こちらから価値ある情報提供をして顧客を呼ぶべきなのです。そして、見込み客の育成にもイベントの招待や興味を引くメール等を送らなければいけないのです。このように、コンピューター任せではなく、人の知恵が必要です。MAの情報を基に人が戦略を考えなければ、MAを活用していることにはならないでしょうし、MAの導入が意味のないものになってしまいますから、それは避けたいものでしょう。

このようにMA導入にあたって、夢と現実をわきまえましょう。夢はMA導入で何もしなくても儲かるということ、現実は何もしなければMAの意味なしということです。このあたりを踏まえてMAと正しい関わり方をしましょう。やり方次第でMAは企業戦略の味方になるのです。

MA (マーケティングオートメーション)

MA(マーケティングオートメーション)はアメリカで2000年代初頭から導入、普及されてきたようで日本でも、ここ数年で広まりつつあるようです。こうしたMA(マーケティングオートメーション)の導入に関して、分かりやすくご説明致しましょう。

日本では、ここ数年、消費者の購買行動が多様化しています。インターネットがその背景にあるということは否めません。そういったところから、企業はMA(マーケティングオートメーション)の導入が必至となりつつあるようです。従来は人の手でおこなっていたような営業関連もどんどん、インターネットが使われるようになっています。つまり、昔のような「御用聞き」で出向くということはなくなり、メール、ウェブ等の効率的な方法を取り入れているようです。このように、顧客管理などをソフトウエアで一括して出来るシステムがMA(マーケティングオートメーション)です。

こういったシステムを取り入れる企業は増え、それなりの効果を上げているようです。メール、ウエブサイトの顧客分析、顧客として取り込める可能性の高い見込み客を見つける機能、商談成立の見込みを高める活動、キャンペーン管理、レポート作成等を一つのソフトウエアに統合することで、営業活動の効率化を図っているようです。

当サイトはこのようなMA(マーケティングオートメーション)の導入に関する情報を分かりやすくご説明致します。MA(マーケティングオートメーション)の効果、MA(マーケティングオートメーション)の夢と現実について、お届け致しますので、こういったことを踏まえながらMAについて考えてみましょう。